身体バランス改善推進会は尋常性乾癬や不安神経症などでお悩みの方の情報サイトです

「尋常性白斑イペ療法」の実績は自律神経を強くし、
免疫を正常にすることで改善する!

尋常性白斑は皮膚病の治療では改善できない。ステロイド剤・ ビタミンD3・タクロリムス外用薬・紫外線療法・ ナローバンドUVB療法などの治療では根本的に治るものではない!

ナローバンドUVBは、皮膚の赤み、色素沈着(日焼け)、ヤケドなどの副作用があり、また1MED(最小紅斑量)以上を照射することで高度の紅斑を生じ、 しかも発癌のリスクもある。ぜひ安全且つ理論的な 「尋常性白斑イペ療法」を積極的に取り入れて頂きたい。

●尋常性白斑を発症する経緯・背景

尋常性白斑
この2つの神経がバランスを取り合って生体活動が保たれ、 メラニン色素を作る細胞も自律神経によって均衡が保たれている。
しかし・・・

強いストレスを継続的に感じる生活を長年強いられると交感神経ばかりが優位になり、副交感神経が弱くなることで自律神経バランスが破綻し、体のあらゆる箇所で不具合が起き、免疫力が低下し、メラニン色素細胞が作れなくなり消失。(自律神経、免疫ともに調整力を失うと自己免疫になる。)

なぜストレスが尋常性白斑の原因になるのか?
  • ・ストレスは自律神経の交感神経(緊張・イライラ神経)を継続的に刺激させる。
  • ・交感神経と副交感神経の拮抗作用が破綻。(調整能力)
  • ・メラニン色素細胞の均衡は自律神経が支配しているが、そのメカニズムも破綻。
  • ・交感神経(緊張・イライラ神経)優位が続くと、白血球の働きが制御できなくなる。
  • ・制御を受けない白血球がメラニン色素細胞を絶え間なく攻撃し、色素が消失。
その状態が固定化(習慣性・長期化)されると・・・
尋常性白斑発症

尋常性白斑と診断を受けると、ステロイド剤・ビタミンD3・タクロリムス外用薬・紫外線療法・ナローバンドUVB療法などが施されます。しかし尋常性白斑は感染症や皮膚病ではありません。自律神経や免疫の機能低下が根本的な原因なんです。

●紫イペ療法の7つの働き
  • ・自律神経・免疫の働き・胃腸の働き・ホルモンの悪い働きを改善する。
  • ・自律神経の交感神経と副交感神経のバランスをよくする。
  • ・イライラや憂うつの改善作用
  • ・表皮の入れ替わり周期の調整力がある。
  • ・天然ビタミンA(主にカロチン)が皮膚や粘膜の保護をする。
  • ・特にリラックスさせる神経を優位にする。
  • ・活性酸素の発生を抑制する力がある。
尋常性乾癬
尋常性白斑
アトピー
紫イペをオススメする理由