身体バランス改善推進会は尋常性乾癬や不安神経症などでお悩みの方の情報サイトです

「紫イペ療法」尋常性乾癬改善体験レポート

●完全改善の西村さんにお会いすることができた!

尋常性乾癬改善レポート以前取材をさせていただいた、和歌山市在住の西村さんに、お会いできました!その劇的完全改善レポート第2弾をご紹介します。以前写真協力をいただきましたが、まだ完全に改善された状態をご紹介できないままでしたが、今回は紫イペ療法で劇的な完全改善をした状態をじっくりとご覧いただきたい!

私もこのところ忙しく、和歌山に足を運ぶことができませんでしたが、和歌山でうつ病(和歌山市在住の和田さん)と統合失調症の(和歌山市在住の川崎さん)から改善レポートに協力をいただけるというご連絡をいただき、早速スケジュールを調整し、2010年1月10日、和歌山まで足を運びました。

西村さんには前日に連絡をさせていただき、夕方お会いすることになりました。西村さんのご自宅まで行き、久しぶりにお会いできました。「よく来てくれました!」と西村さん。ますますお元気な素晴らしい笑顔に私も大変和みました。早速大変美味しいコーヒーをいただき、積もるお話に花を咲かせました。

西村さんは2007年4月11日から紫イペ療法を始めていただいています。西村さんの場合飲用後半年頃から改善の兆しが見え、途中、一進一退という時期もありましたが、現在では完全に尋常性乾癬の跡形もありません。西村さんから「そろそろ撮影会しましょうか!(笑)」とお気遣いのお言葉をいただき、写真を撮らせていただきました。

発症当時の写真も同時に掲載します。どうぞ劇的な完全改善をじっくりとご覧下さい!

紫イペ療法後の経過報告写真!(背中部分)

乾癬 画像1

2007年4月

矢印
乾癬 画像2

2007年7月

乾癬 画像1
乾癬 画像1

2010年1月10日撮影

紫イペ療法後の経過報告写真!(足部分)

乾癬画像3

2007年4月

矢印
乾癬画像4

2007年7月

2010年1月10日撮影

実際、拝見させていただいてもあんなに酷い状態の時期があったのが嘘のように綺麗です。本当に綺麗に治っています。西村さんはもともと肌が白く、薬品などの刺激に弱いそうです。改善後写真の足に少し赤い部分が見えますが、連日の寒さで乾燥し足を掻き過ぎたとのことでした。黒い点はもともとのシミです。 西村さんは最近仕事が忙しく、食事が偏っていて、炭水化物中心の食事になっている・・・とのことでしたので、タンパク質と野菜をたっぷり摂るなどの食事の見直しをさせていただきました。

●〜西村さんの紫イペ療法飲用内容〜

  • ・紫イペ濃縮パウダー
    (1日3g〜6g)
  • ・紫イペ粒(1日9粒〜15粒)
  • ・アスコルビン酸(1日2000mg)
  • ・ビタミンB群
  • ・亜鉛
  • ・プロテイン
尋常性乾癬改善レポート

西村さんの知人にも尋常性乾癬の方がいるらしく、西村さんから資料の送付を依頼されました。「最近、尋常性乾癬多いみたいやね〜」と西村さん。

西村さんは、体の調子に応じて最低量は下回らないように飲用量を変えています。

●取材担当者の総括

西村さんは以前、大きなストレスやストレスからくる暴飲暴食などの生活習慣の乱れがありました。いつもお伝えしていますが尋常性乾癬や尋常性白斑は皮膚病ではありません。体内のバランスを崩し発症するものなのです。

特に自律神経の働きが乱れると皮膚にいろいろな症状がでます。血液検査などでも体内のバランスの不備がわかります。(正常値でも全体の数値バランスを見るとわかるのです。しかし病院では問題なし?)しかし、薬物療法などの対症療法(火消し処置)では改善することはありません。塗薬や免疫抑制剤のような、とりあえず見た目だけを少しでも鎮静させるような治療ばかりだからです。紫イペ療法は体内のバランスを確実によくするためのものです。体内のバランスを改善しない限り、尋常性乾癬、尋常性白斑の改善はありえないのです。

日時:2010年1月10日
場所:和歌山市
取材担当:西田克也

紫イペ療法の資料請求
尋常性乾癬
尋常性白斑
アトピー
紫イペをオススメする理由