身体バランス改善推進会は尋常性乾癬や不安神経症などでお悩みの方の情報サイトです

「紫イペ療法」尋常性乾癬改善体験レポート

●西村さん追跡レポート第三弾

劇的!根本的改善!再発もなく 尋常性乾癬だけではなく、からだ全体の体調がすこぶる良好!

尋常性乾癬改善レポート 前回の改善レポートで、2010年1月10日に西村さんのお宅にお邪魔させていただきましたが、先日、西村さんからお電話をいただき「写真を整理していたら乾癬が酷かったときの写真が出てきたので、私でお役に立てるのなら写真を紹介してくれるかな」と大変ありがたいお言葉をいただきました。

早速2010年3月3日和歌山に出向きました。夕方にお会いできるということで、お宅まで行かせていただきました。 1月にお会いしたときよりも顔色がますます良くなっているような印象を受けました。また美味しいコーヒーをいただきながら、仕事の話、健康の話に花が咲きました。そして写真を見せていただきました。

写真の日付から今から8年前の写真のようです。当然紫イペを飲用する前の写真です。西村さんは、いつか何かの役に立つときがあるのではないかと思い、酷いときの症状を個人的に写真に収めたものです。

写真の左が、酷いときのものです。少し光って見づらいですが、確かに右額から右耳部、頬から顎にかけて尋常性乾癬の症状がわかります。頭皮にも症状が見受けられます。西村さんは、「写真で見るより酷かった覚えがある」ということです。

紫イペ療法後の経過報告写真!

乾癬 画像1

2002年10月20日

矢印
乾癬 画像2

2010年3月3日

乾癬 画像1

写真の汚れなどがありますが、肘部の症状がよく分かります。寝ている間に掻くためよく出血していたそうです

乾癬 画像1

光の加減なのか色素が抜けているように見えますが、実際は綺麗な肌そのものです。症状の跡は全くありません。

乾癬 画像1

写真の汚れがありますが、症状部が重篤化しているのがよく分かります。
西村さん:「昔は筋肉あったな〜(笑)」

乾癬 画像1

みなさんどうですか。本当に綺麗でしょ! 何もいうことはありません!

乾癬 画像1

このときは、腰からお尻のほうまで症状があったそうです。

乾癬 画像1

全く症状はありません。温泉もよく行かれるそうです。
西村さん:「体形変わってないでしょう!メタボとは全く無関係です(笑)」

●〜西村さんの紫イペ療法飲用内容〜

  • ・紫イペ濃縮パウダー
    (1日3g〜6g)
  • ・紫イペ粒(1日9粒〜15粒)
  • ・アスコルビン酸(1日2000mg)
  • ・ビタミンB群※
    (摂取された脳神経、皮膚の栄養成分を正常に代謝するために使用)
  • ・亜鉛※
    (体内で使われている数百種類の酵素を活性するために使用)
  • ・プロテイン
    (体を構成するタンパク質の欠損を防ぐために使用。尋常性乾癬の患者さんはタンパク質の欠損が多く見られます。)
尋常性乾癬改善レポート

「特に濃厚紫イペウダーは、飲みやすく効果があるようです。」と西村さん。

※ビタミンB群、亜鉛に関しては「紫イペ療法」の無料セット品になっています。

●取材担当者の総括

以前の西村さんも他の方と同様、ステロイド、免疫抑制剤などを服用し寛解期、活動期を繰り返しながら症状を悪化させています。 確かに初めてステロイド、免疫抑制剤を服用したときには数日で症状が緩和され、強い味方ができたように思いますが、現実は、強い薬ほど耐性(効果が出なくなり薬の増量をしないといけなくなること)がおこり、自分でどんどん薬を増やしていたそうです。 これは精神的依存で、多くの方に見受けられます。皮膚の状態はどんどん悪くなり、尋常性乾癬以外の症状が副作用として発症するので非常に危険な行為です。

西村さんは、「紫イペ療法」で改善されてからは全く再発もなく、尋常性乾癬だけでなく相乗効果で精神的にも肉体的にもすこぶる良好です。 (ステロイド、免疫抑制剤に関しては、当サイトの「乾癬と紫イペ」でご紹介させていただいておりますので割愛します。ぜひ、ご覧下さい。) 私は、恥ずかしながら「紫イペ療法」が尋常性乾癬根本改善に少なからず貢献できているのではないかと思っていますが、もちろん"完全"だとは思っていません。もっともっと治癒率を向上したいと日々考えています。今後も多くの方々が尋常性乾癬の根本的改善をしていただくために、"完全"をめざし、探求し続け、進化し続けていきたいと思います。(西田)

日時:2010年3月3日
場所:和歌山市
取材担当:西田克也

紫イペ療法の資料請求
尋常性乾癬
尋常性白斑
アトピー
紫イペをオススメする理由