身体バランス改善推進会は尋常性乾癬や不安神経症などでお悩みの方の情報サイトです

血液検査結果表の見方ポイント

血液検査表の見方ポイント
< 病院の見方とは違います >

病院で行われている一般血液検査の基準値があまりにも広く、大雑把です。(例えばGPT5〜45などは大雑把で、もし5ならば完全に栄養失調です。) 高値は薬物治療対象になりますが、低値は医者から何も言われません。栄養学から見ると低値に着目しないと栄養欠損(栄養の偏り)による病気が発見できなくなる危険性を危惧しているのです。高値よりも低値のほうが重篤な症状が潜んでいることがあります。尋常性乾癬根本的改善のために参考にして下さい。(西田克也)

血液検査の見方ポイント
総蛋白(TP)血中に含まれる、タンパク質の総称。理論上7.5〜9.0 g/dlは欲しい。低い場合タンパク質の不足。(ビタミンCも必要)9 g/dlより高い場合は、からだのどこかで炎症が起きている場合がある。
西田所見:医療機関の参考基準値は、6.5〜8.0g/dlですが、かなり大雑把。元気な体を保つためには、最低でも7.5 g/dlが必要。しかし、総蛋白は、恒常性で保たれているため簡単には低値にならない。もし総蛋白が「6」台の場合、「γーGTP」と「尿素窒素」を見る。γーGTPが「15」以下で蛋白質摂取量が足りていない。「尿素窒素」は「20mg/dl」くらいが理想。どちらも低い人は、尋常性乾癬が重篤な症状の人が多い。
γ−GTP目標値50〜60 個人差が大きい
10台か1桁に落ちている人は、タンパク質の摂取が決定的に少ない。医者から低値では何も言われることはない。 高値・・・グルタチオン活性が上昇しているか、臓器障害、慢性肝疾患、胆汁うっ滞、肝癌、アルコール性肝炎、薬害製肝炎など。
西田所見:γーGTPは、高値では病院の薬物治療の対象になりますが、低値では、何も言われない。「15」以下だと蛋白質の摂取不足。総蛋白、尿素窒素とあわせて見ると栄養欠損がよく分かる。
尿素窒素元気さ指数 20前後が良く、1桁や10台の前半だとタンパク質が少ない。食事に問題があるか、栄養の吸収に問題がある。 少し高くなり、腎機能が正常、鉄の減少が見られる場合、上部消化管出血の疑いもある
西田所見:尿素窒素は本来腎臓機能の判断材料ですが、「10」以下はかなり低い数値です。蛋白質が足りないということになる。尿素窒素は蛋白質が代謝された後などに生じる物質なので、食事に含まれる蛋白質摂取量にある程度比例する。
GOT(AST)
GPT(ALT)
基準値GOT:10〜40U/l GPT:5〜45U/I
血液検査ではよく知られた項目です。高値では医者から肝臓が悪いと言われ薬物治療対象になりますが、低値は何も言われない。低値のほうが問題になることが多い。
西田所見:通常、GPTよりGOTの方が高くありますが、逆転している場合は、(ご飯、パン、麺、芋類など)に偏った食事やお菓子類・清涼飲料水の摂りすぎが考えられる。特に飲酒量が多いと、過剰な糖を肝臓で中性脂肪に変えるため脂肪肝になりやすい。蛋白質不足は、肝臓に蓄積した脂肪を運び出す蛋白質が不足し、肝臓に脂肪が溜まりやすくなる。 数値が「20」より低くなり、GOTよりGPTが低く開きがあるほど、ビタミンB群(特にB6)、亜鉛、蛋白質の不足。逆にGOTよりGPTのほうが大きくなり、総コレステロールが高い場合、脂肪肝などの可能性がある。
MCV 基準値:男性83〜101fl 女性80〜101fl
赤血球の大きさを示す。赤血球が成長するためにはビタミンB12、葉酸が必要。 基準値:100未満 多い場合−B12、葉酸の不足 低い場合−鉄の不足
西田所見:MCHが低くてMCVが高い場合、ビタミンB欠乏が深刻。 MCVが上がってくると胃に問題がある場合が考えられるのでB12や葉酸が大量に摂取が必要。
LDH(乳酸脱水酵素)基準値:120〜245U/l
乳酸の除去にかかわるもの。LDHは全身の組織に存在し、肝臓や心臓、赤血球、筋肉に多く分布します。これらの臓器が障害を受けると数値は上昇します。
西田所見:LDHが十分に働くにはナイアシン(ビタミンB群)が必要なので、低値はナイアシン不足を疑います。 200台の前半で疲れやすく、150未満でナイアシンの欠乏。LDHが少し上がり、I-BILLが少し上がる人は、血管内溶血があり、ビタミンEの欠乏が深刻。
ALP(アルカリフォスファターゼ) 基準値:104〜338U/l
高値:肝臓、胆道疾患、骨疾患、甲状腺機能亢進症などの疑い。成長期、妊娠期でも高くなる。
西田所見:ALPは酵素の一種で、十分に働くためには、亜鉛とマグネシウムが必要。低値では亜鉛、マグネシウムの不足と考えられる。150未満で亜鉛不足 低値で亜鉛、マグネシウム不足。細胞の再生不良、ガン、妊婦などは高値になる。
T−CHO(総コレステロール)基準値:150〜219mg/dl
現在ではコレステロールは悪者だと考えられている。高値では高脂血症、糖尿病、甲状腺機能低下症、ネフローゼ症候群、胆道閉塞などが疑われる。 閉経後の女性でコレステロールの数値が高くなるのは、本来女性ホルモンは、血管保護作用やコレステロール合成を調整し、LDLコレステロールの酸化を防いでいますが、女性ホルモン分泌低下によりLDLコレステロールが酸化し血中に増加することで起こるのです。
西田所見:コレステロールは、細胞膜や脳神経組織の構成成分であり、またステロイドホルモン(性ホルモン、副腎皮質ホルモン)、胆汁酸(脂質の消化・吸収を助ける消化液)、ビタミンDの材料になる。コレステロールは食事から20%、肝臓で合成されたものが80%になります。理論上210前後は欲しい。少ない場合、皮膚炎、血管の弾力性を失い、動脈硬化が進む。体力も弱くなり、抵抗力が無く弱々しくなる。
HDL−CHO (善玉コレステロール)基準値:男性40〜80mg/dl 女性40〜90mg/dl
西田所見:80、90台で良く、40台では低すぎる。30台になると心筋梗塞、狭心症の発症率が増加する。
TG 中性脂肪基準値:50〜149mg/dl
西田所見:50台では、いつ病気になってもおかしくない状態。尋常性乾癬も悪化。中性脂肪は、糖質に偏よる食事で、インスリンによりブドウ糖から中性脂肪への合成が進み、肝臓内に中性脂肪が増加します。この状態が続くと脂肪肝になる。
ヘモグロビン基準値:男性13.6〜18.3 女性11.2〜15.2g/dl
主に貧血、鉄不足を調べる項目。
西田所見:理論上15.5g/dl前後は欲しい。貧血を調べる項目だが、実際貧血があっても数値には表れない。血中はいつも一定に保とうとする恒常性があるから。低値になるということは重症である。12g/dl前後だと完全に貧血と判断。特に女性の尋常性乾癬を発症されている方は貧血が多い。
フェリチン目標値80〜150 理論値125
体内の鉄分の薬30%がフェリチンとして肝臓や脾臓、骨髄に蓄積されています。 潜在的な貧血も含め、鉄欠乏性貧血の有無を調べる項目。
西田所見:少ない場合は貯蔵鉄不足 鉄だけが不足の場合 MCVの値が小さくなってくる。鉄欠乏の他のデータがあるのに MCVが正常を保っている場合、B群、Eが不足しているという裏づけになる。
MCHC(32.0〜36.0%)重大な鉄不足。
西田所見:最後の最後まで落ちない 30ぐらいまで落ちてくる場合は深刻、長期的、重大な鉄不足。
尋常性乾癬 現状と展望
尋常性乾癬
尋常性白斑
アトピー
紫イペをオススメする理由