身体バランス改善推進会は尋常性乾癬や不安神経症などでお悩みの方の情報サイトです

尋常性乾癬には、動物性たんぱく質を控えるように言われることもありますが?

■ たんぱく質を分解する消化酵素とはいったい何?

たんぱく質は栄養素の中では構造が非常に複雑で消化するのに(分解するのに)色々な消化酵素(消化液)が必要になります。この消化酵素がうまく働かないと、未消化のまま(分解されないまま)小腸から吸収されてしまうことがあります。 ※1
これを腸管免疫系しいては体が異物と判断してしまうことがあり、これをきっかけにアレルギー反応が起こることがあります。

ではたんぱく質を分解する消化酵素とはいったい何なのでしょうか?実はこの消化酵素もまた、たんぱく質からできているのです。つまり、起こるか起こらないか分からないアレルギー反応を気にするがあまり、消化酵素の素になるたんぱく質を避けるようにという情報が広がり、その結果逆に消化を悪くしてアレルギー反応を引き起こすきっかけとなってしまうことがある。

■ アレルギー反応がなるべく出ないようにと考えられた食事が…

ですから、アレル源 ※2 を除去した除去食などは、皮膚病関係のお子様によくおこなわれていることが多いのですが、考え方によっては、逆効果とまでは言いませんが、それに近いこともあるのです。

またもう一つ考えられることは、たんぱく質の中でも、アラキドン酸やリノール酸が多い食材の取り過ぎは、皮膚の炎症を促進してしまう可能性があると言われますが、これもバランスの問題であり、アラキドン酸もリノール酸も必須脂肪酸ですので、体には必ず必要とされます。摂取しなさ過ぎても、皮膚環境には悪影響なのです。

ですから、何でも “ ほどほどに!” が大切です。

※1小腸では本来、たんぱく質の最小単位であるアミノ酸まで消化酵素で分解 され、栄養吸収細胞により取り込まれて吸収されていく。これが正常です。
※2分子構造が複雑なたんぱく質が多い傾向にあります。特に幼少期の卵など。

" 乾癬体内矯正療法 " で効果があったその他の栄養素も是非!ご一読下さい!

乾癬とコーヒーについて

コーヒーの中に含まれる “ カフェイン ” は、皮膚の炎症を促進させる可能性がある。
しかし実際には、個人差があり同じ尋常性乾癬でもコーヒーが大丈夫な人もいます。

カフェイン

有機化合物(炭素を含む化合物)別名アルカロイド。中枢神経を緊張させる働きがある。
交感神経を緊張させて、体に刺激を与えていく成分です。
故に、すでに炎症があれば “ 火に油を注ぐ ” ようなもので、症状が酷くなることがある。

結論は?

コーヒーは程々にしましょう。程々にした理由は、炎症を促進してしまうカフェインばかりではなく、抗酸化成分のポリフェノールもカフェイン以上に豊富に含まれているからです。 個人差がありますが、尋常性乾癬には、時に良いようにも悪いようにも働いてしまいます。その時の体内環境に非常に左右されてしまうからです。

紫イペ療法の資料請求
尋常性乾癬
尋常性白斑
アトピー
紫イペをオススメする理由