身体バランス改善推進会は尋常性乾癬や不安神経症などでお悩みの方の情報サイトです

top

不眠症には大きく分けて3つのタイプある!

1.うつ病など病気からくる不眠症

朝早くに目が覚めて眠れない(早朝覚醒)

2.薬の副作用からくる不眠症

血圧や糖尿病の薬、抗うつ剤など、薬の副作用でおこる不眠症。なかなか眠れない入眠困難、早朝覚醒などが現れます。

3.神経症からくる不眠症

  • ・今夜も眠れなかったらどうしよう・・・といった予期不安を強く感じる。
  • ・眠れなかった次の日の体調不良を恐れ、眠れない「葛藤」が原因なっている。
  • ・入眠困難や夜中に何回も起きる(途中覚醒)がおきる。
矢印画像
睡眠導入剤処方
アモバン・レンドルミン・マイスリー・ロヒプノール・リスミーなどがある。睡眠導入剤は薬の中で一番身体に負担をかける。
副作用
薬物依存症・眠気・倦怠感・ふらつき・肝機能障害・免疫力低下など
睡眠導入剤はあくまでも大脳の働きを麻痺させるだけです。薬は不眠症を長引かせるだけ!

一番の治療は、眠れないことに集中しないこと!

気分が高揚していると眠れないのは当然です。毎日同じ時間に就寝し、目を閉じてじっとしているだけでも睡眠と同じ効果があるのです。その習慣を付けることです。

睡眠薬を飲んで眠っても本当の脳睡眠は得られない!

薬の依存症で免疫力低下状態が続き、不眠症が続くのであれば、紫イペで、薬の副作用緩和・副交感神経(リラックス神経)の活性・睡眠ホルモン分泌促進を行なってほしいと思います。"自然の力"は、自律神経を活性化し、必ず好結果をもたらします!

免疫
紫イペ療法の資料請求
尋常性乾癬
尋常性白斑
アトピー
紫イペをオススメする理由